Healthday Japan Top
不穏下肢症候群の症状のコントロール(2012.3.12掲載)

不穏下肢症候群(レストレスレッグス症候群、別名:むずむず脚症候群)は、脚に不快な感覚を発生させ、休息時や非活動時でも、脚を動かしたいという強い衝動を引き起こす。

米国睡眠財団(NSF)は、不穏下肢症候群の症状をコントロールするために行えるライフスタイル(生活習慣)の変更について、下記のようなものを挙げている:

・アルコール、カフェイン、タバコの摂取量を減らす。

・鉄分のサプリメント(栄養補助食品)を指示通りに摂取する。

・睡眠スケジュールを一定に保つ。

・定期的な運動習慣を維持する。

・熱い風呂に入る。

・優しくマッサージしたり、アイスパックや温熱パッドを使用したりして、脚の手当てをする。

(HealthDay News 3月2日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=661826
Copyright (c) 2012 HealthDay. All rights reserved.

 

フリー検索