Healthday Japan Top
基本パッケージ
Updated: Mon, 17 Nov 2014 04:17:24 -0700
今日のニュース  >>
飲酒問題のある人が年末年始を乗り切るコツ(2014.11.20掲載)
これからやってくる年末年始のシーズンが、アルコール使用障害を抱える1,800万人の米国人にとって難題となる可能性があると専門医が警告している。
米国で一部のジェネリック薬の価格が上昇(2014.11.20掲載)
米国では、一部のジェネリック薬の価格が近年劇的に上昇しているという。例えば、広域抗生物質ドキシサイクリンは1錠6.3セントから3.36ドルに、抗うつ薬クロミプラミンは1錠22セントから8.32ドルに上昇していることがわかった。
ハイライト  >>
子どもの食事ルールを決めると健康的な食習慣が身につく(2014.11.20掲載)
親が食べてよいものを限定し、衝動を抑える訓練をすることで、子どもの食事が健康的になることがわかった。
若い野球選手の4分の3は腕の痛みがある(2014.11.20掲載)
若い野球選手では腕の痛みが多く、痛みがあっても野球を続けるよう追い立てられていることが多いとの報告が、「American Journal of Sports Medicine」オンライン版に11月10日掲載された。
一口メモ  >>
傷に包帯をする方法や、どのような傷に包帯を用いるべきかを知っておけば、治癒を早めるのに有用である。

疾患・分野別ニュース  >>
妊娠前の母親の体重は受精卵の初期の発育に影響することが分かった。英ハル大学心血管代謝研究センターRoger Sturmey氏らによる検討の結果で、長期的には児の健康にも影響する可能性があるという。
腎疾患と睡眠時無呼吸を合併する糖尿病患者では腎疾患の進行が速いことが、米サウスカロライナ医学大学のRoberto Pisoni氏らの研究から示された。睡眠障害のスクリーニングが、腎機能が急速に低下する患者の同定に役立つ可能性があるという。
11月14日の「世界糖尿病デー」に向け、日本全国が盛り上がっている。実行委員会のまとめでは、当日前後にブルーライトアップを行う各地のモニュメントは、さっぽろテレビ塔や東京駅丸の内駅舎、大阪・通天閣、京都・二条城など160カ所以上にのぼる。
経済協力開発機構(OECD)は11月5日、都内で日本の医療の質についてレビューと今後への提言を発表した。
脂肪の過剰摂取による2型糖尿病発症の機序にモータータンパク質KIF12が関与することが、東京大学医学系研究科特任教授の廣川信隆氏らから報告された。
減量手術によって、肥満者が2型糖尿病を発症するリスクは有意に低下することが、英ロンドン大学キングスカレッジのMartin Gulliford氏らから報告された。

フリー検索